少額で始めたい!FX初心者におすすめの安全運用講座! | FX初心者全員集合!お金に働いてもらうための【はじめの一歩】

alt_02

少額で始めたい!FX初心者におすすめの安全運用講座!

FXを始める理由として「少ない資金でも大金を稼げると聞いたんだけど…」という人は少なくないでしょう。「株で食べて行くには1億は必要だが、FXなら1000万で食べていける」なんて言われ方をすることもあるぐらいです。

でも、そんなに上手くいくものならば今頃、そこら中にFX億万長者があふれているはずですが、現実はそうじゃありませんよね?

それどころかFXで失敗して莫大な借金を負ってしまったなんて怖い話もちらほら聞きます。果たしてFXで初心者が少額から始めて稼ぐことは出来るのでしょうか?

 

 

結論から言いますと、少額(50万円以下)でも適切な取引ルール、資金管理法を守って取引をすることで安全に利益を積み重ねていくことは可能です。ですから資金が少なくノウハウも未熟だって初心者の方でもそこら辺をしっかりと押さえてさえいれば十分利益を出せるんですね。

安全な運用の仕方ですが、カギとなるのがロスカット損切りです。

資金をごっそり持って行かれるロスカット

まずはロスカットです。FXのトレードスタイルはモニターの前で構え続けて数秒から数分のわずかな値動きを狙うスキャルピングや1日のうちに全ての取引を終えるデイトレード、数日単位で大きな動きを狙うスイングトレードなどポジションを持つ時間や損益の値幅によって分かれています。

しかしどのようなトレードスタイルにせよ共通して言えることは、ポジションを過剰に持ちすぎないことが成功の秘訣ということです。

FXの場合、100万円しか口座に無かったとしてもなんと数1000万円分のポジションを持つことが可能なんです!

これをレバレッジと言い、証拠金(口座にある現金)100万円に対して1000万円分のポジションを持っている場合はレバレッジ10倍となります。海外のFX業者の中にはレバレッジ400倍以上という業者もあります。なんと10万円で4000万円分の取引が出来るんです!

FXはポジションと現在の価格差によって利益・損失を確定する取引(差金決済取引)ですので、レバレッジをかけて証拠金以上のポジションを持つことが出来る、つまり少額の資金しかないトレーダーでもそれ以上のポジションを持って効率よく利益を上げられるしくみになっているんです。

このように少額から始める初心者には便利なレバレッジですが、経済指標・金融政策の発表や紛争の勃発などで為替が乱高下した場合には命取りになってしまいます。

持っているポジションの逆方向に突発的に為替が動く時に、ストップロス注文(あらかじめ決めた値段になると自動的に決済が行われる注文)をしていなかった場合、証拠金から含み損を引いた額が証拠金に占める割合が各業者により決められた割合を下回った時点で強制的にポジションを決済されてしまいます。これをロスカットと言います。

ロスカットの基準は20〜30%に設定されていることが多く、通常、ロスカットされた段階では資金が大幅に減りはするもののまだ借金にはなっていません。

ではFXで借金になるのはどういった場合なのでしょう?

アメリカの金融政策が変わった、どこかで大規模なテロが起こった、雇用統計の数値が予想よりも悪かった、こういったことが起きると、ドル円を例にすると1円ぐらいは簡単に値が動いてしまうのです。

大きな値動きが一瞬で起こった場合、本来のロスカットされる割合から大幅にズレてロスカットが行われてしまいます。

そうなってしまうと含み損が証拠金以上の額に膨らんでいるため借金を負うことになってしまいます。この借金のことを追加証拠金と言い、自己破産が出来ない借金です。FXの怖さはここにあります。

ちなみに海外業者は基本的に追加証拠金が無いため高レバレッジと合わせてこちらを選ぶ人も結構います。

2015年初めにスイスフランが急騰した(スイスフランショック)際には個人投資家のロスカットのみならずFX業者の倒産も相次ぎました。また2016年のトランプ大統領当選時にも為替は大きく動いたためロスカットされた個人投資家が続出し話題になりました。ロスカットや追加証拠金は油断をしていなくてもすぐそばに潜むリスクなのですね。

さて、ロスカットについて理解したところで実践と行きましょう。初心者が少額で始める場合、ロスカットを防ぐためにまずはレバレッジが低い段階から始めることが肝心です。

10万円を入金して30万円分のポジションを持つ(レバレッジ3倍)、これぐらいであればロスカットに合うことはまずありません。

効率よく利益を上げるためにレバレッジを上げたい欲求を抑えて低レバレッジで小さな利益を積み重ねる、これが安全な運用の基本です。

すぐに利益を出したいという欲は後々までかなりつきまとってくるものですが、初心者の内は特に強く出てしまい破滅する人が多いので特に気をつけるようにしましょう。

FXのリスクマネジメント、損切り

次に損切りです。ロスカットが執行されれば入金した金額の1/5程度しか残らないので、そもそもロスカットに合わないようにしたいものです。そのためにはポジションが相場の流れにマッチしていない時に決済することで損失を小さい段階で確定させる損切りが重要となります。

損切りはポジションを注文した際にあらかじめ①どの程度の損失までなら耐えられるか②相場の局面から見るとどの価格を超えると自分の見立てが崩れるか、という2点を考慮して決めます。

 

 

自動的に損切りを行うストップロス注文という機能があり、自分が相場と向き合っていない時間帯の値動きにも対応できますし、「待っていれば損失が利益に変わるかもしれないなあ」という損切りの邪魔となる感情を排除した冷静なトレードが出来るので積極的に活用して行きましょう。

FXを安全に始めるために必ず押さえておかなければならないポイントが今お話したレバレッジと損切りです。

勉強とデモトレードを活用して万全の状態に

それ以外に初心者が出来る安全対策としては①しっかり勉強をして臨むことデモトレードを活用すること、の2点が挙げられます。

①ですが、まずは基礎知識を押さえておかなければどうしようもありません。また、具体的な取引のやり方なども本やセミナーでしっかりと勉強してから始めましょう。投資は自己責任ですから、大切なあなたのお金を減らさないためにも真剣に取り組みましょう。

また、取引を行う日の経済ニュースには必ず目を通さなければいけませんし、自分のやり方が通用し続けられるか検証も定期的にやらなくてはなりません。投資家ほど勉強しなければ脱落してしまう職業はないのではないのでしょうか?

②のデモトレードですが、FX業者ならどこでもデモトレードを無料で試すことが出来ます。どこのFX業者がやりやすいのかを知るだけでなく、実戦前に自分のやり方が通用するかを見ることが出来ます。デモトレードは緊張感がないから無駄だという人もたまにいますが、初心者のうちはレバレッジや損切りを体で覚えるためにもどんどん活用していくべきです!

まとめ

ロスカットのしくみを知ることで資金が大幅に減ったり、借金を負うリスクを減らすことが出来ます。また、損切りはロスカットに繋がりかねないポジションの処理ですので、これが上手いほどリスクの少ない安全な運用が出来ているということになるのです。この2つをマスターすることで「安全なトレード」という意味では初心者を卒業出来ると言ってもいいぐらいです。

この2つ以外に大切なこととして、「しっかり勉強してFXを始めること」「デモトレードを活用すること」があります。これらを押さえて堅実なFXライフを始めましょう。

 

>>初心者が少額でも成功しやすいFX会社について

 

オススメ記事

GMOクリック証券

GMOクリック証券では口座開設が無料なだけでなく、さらに最大25000円キャッシュバックをしてくれます。とても使いやすいスマホアプリも使うことができるので初めての方でも操作がしやすく一番のオススメです。取引高も5年連続世界第一位となので一番信頼できる会社と言えます^^

DMM.com証券

DMM.com証券口座開設をすれば最大20000円のキャッシュバックももらえるので非常にお得です。不安なこと、疑問に感じたことはすぐに相談することができる安心サポートで24時間対応してくれます。取り引きしやすいツールで初心者の方でも簡単に始めることができます。

TOP