FX初心者の猿でもわかる【レバレッジ】の意味を大公開! | FX初心者全員集合!お金に働いてもらうための【はじめの一歩】

alt_02

FX初心者の猿でもわかる【レバレッジ】の意味を大公開!

FXについて調べていると頻繁に出てくる単語の一つが「レバレッジ」です。「レバレッジをかける」「ハイレバでやってたのでロスカットに遭った」「レバ10倍でやっている」なんかよく目につきますよね?この「レバレッジ」についてご紹介して行きたいと思います。

「レバレッジ」とは「てこ」という意味で、FXにおける手持ち資金よりも高額で取引する際の倍率のことを指します。FXは通貨が値動きした時の値幅が損益となる金融商品ですので、手持ち資金よりも高額を取引可能なサービスを業者は提供できるのです。「てこ」を利用すれば重いものを小さな力で動かせるように、少額の資金でも高額の取引が可能なので「レバレッジ」と呼ぶのでしょうね!

資金が10万円の人が100万円分の取引をする場合、100÷10=10でレバレッジは10倍です。150万円の資金を持つ人が300万円分の取引をする場合は300÷150=2で2倍となります。簡単に計算できますね。

法律により国内のFX業者はレバレッジは25倍までと規制されています。つまり10万円の資金の人は最大250万円分の取引が可能なわけです。

一方、海外FX業者はレバレッジ400倍を超えるハイレバレッジの業者が多くあります。後述する「追証なし」と合わせて海外FX業者の最大の特徴と言えます。

高いレバレッジのことを「ハイレバレッジ/高レバレッジ」、低いレバレッジを「ローレバレッジ/低レバレッジ」と呼びます。

トレーダーにとって、レバレッジには2つの重要な意味があるので必ず押さえておきましょう。

1番目は「レバレッジで高額取引が可能な代わりにリスクも高まる」です。

2番目は「レバレッジは業者選びで大切」ということです。

レバレッジのメリット・デメリット

1番目、「レバレッジで高額取引が可能な代わりにリスクも高まる」ですが、レバレッジをかけて高額の取引をすると、値動きによる損益が共に大きくなり、ハイリスク・ハイリターンとなります。

例えば10万円の資金の人が1ドル=100円の時に上がる方向(ロング)のポジションを100万円分買ったとします。この時レバレッジは10倍ですね。

もし1円上がって101円となると1万円分の利益になります。しかし1円下がって99円になると1万円分の損失となってしまいます。10万円の資金の10%が左右されてしまうのです。

これがレバレッジ1倍、つまり10万円の資金に対し10万円分のポジションを買った場合は同じく1円上下しても損益は1000円。資金の1%で収まりますね。

一般に初心者はレバレッジをなるべく抑えてまずは相場の世界になれるのが先だというトレーダーが多いです。

値動きが激しい日はドル円を例にすれば1円分動くことなどはよくあることです。それを考えると上のシミュレーションは現実的なことが分かると思います。

そしてハイレバレッジの最大のデメリットがロスカットと追加証拠金です。

損失が資金に比べて膨らみすぎた場合に強制的にポジションが決済されて資金の大部分を失ってしまうのがロスカット、あまりに急激な値動きに自動決済が間に合わず損失が資金を超えてしまい借金となることが追加証拠金です。

この2つはトレードをするにあたり避けなければならない最悪の事態です。技術が未熟であるにもかかわらずハイレバレッジで取引をしていると、これらのリスクも高まってしまいます。

レバレッジで業者を選ぶ?

2番目のポイントは「レバレッジは業者選びで大事」ということです。

例えば、国内業者は規制で25倍までしかレバレッジをかけられないことからレバレッジ数100倍が当たり前の海外FXを選ぶという人もいます。

海外業者の場合は税金が国内業者よりも高くなる上に、出金が遅いところが多いなど国内業者に比べてデメリットもあるのですが、「利益を求めるあまりハイレバレッジをかけやすい」「損失確定がいやで損切りができない」という初心者の傾向を考えると海外業者のハイレバレッジ・追証なしという環境でレバレッジの感覚を体験するのもありかもしれません。もちろん失敗すれば、口座に入れたお金は無くなってしまいますが、国内業者で下手すれば借金を負うよりはましでしょう。

後々、上達して中堅トレーダーになった頃にはある程度レバレッジをかけた取引テクニックも身についていると思います。その際にレバレッジが高い海外業者を考慮に入れることもあるかと思います。有名トレーダーの中には、国内業者を本命として低レバレッジで堅実な取引をして、海外業者で相場のチャンスをうかがってハイリスク・ハイリターン投資を楽しむ人もいます。

レバレッジを味方にするトレード

レバレッジは損益を大きくするもので使い方や成り行き次第で成功にも破滅にも導くことを述べてきましたが、初心者はどのようなトレードを心がけるべきなのでしょうか?

初心者は10万円ぐらいでスタートする人が多いでしょうからまずはFX業者の中でも最低取引額である1000通貨、1ドル=100円ならばレバレッジ1倍から始めましょう。上にもあるようにこれならば1円逆方向に動いても1000円、資金の1%の損失で済みます。

少しずつ慣れてエントリーや損切りが上達してから徐々にレバレッジを上げていくようにしましょう。これが初心者がレバレッジに逆らわず味方につける方法です。

まとめ

FXでは手持ち資金よりも高額な取引が可能で、資金に対するポジションの大きさをレバレッジと呼びます。初心者はお金を増やそうと焦らず、1倍などの低レバレッジから始めて慣れてから徐々にレバレッジを上げるようにしましょう。

 

>>FX超初心者の心得3ポイント

 

オススメ記事

GMOクリック証券

GMOクリック証券では口座開設が無料なだけでなく、さらに最大25000円キャッシュバックをしてくれます。とても使いやすいスマホアプリも使うことができるので初めての方でも操作がしやすく一番のオススメです。取引高も5年連続世界第一位となので一番信頼できる会社と言えます^^

DMM.com証券

DMM.com証券口座開設をすれば最大20000円のキャッシュバックももらえるので非常にお得です。不安なこと、疑問に感じたことはすぐに相談することができる安心サポートで24時間対応してくれます。取り引きしやすいツールで初心者の方でも簡単に始めることができます。

TOP