FXの初心者向け本は専門用語がわかりやすくて◎ | FX初心者全員集合!お金に働いてもらうための【はじめの一歩】

alt_02

FXの初心者向け本は専門用語がわかりやすくて◎

FXの専門用語が出てくると、そこから先がわからなくなったり、わからないまま読み進める必要がありますね。その内容をその都度細かく書いてくれていれば、調べることなく読むことができるので便利ですが、なかなかそういう環境は見つけにくいかもしれません。チャートの内容も初めからわかりやすければ使いやすいはずですが、やはりそのような環境は少ないのが現状です。FX初心者が探すべき「良い教科書」とはどういうものを言うのでしょうか?

売買方法が詳しくわかるタイプの本が良い

FXの特徴として、「売り」からも行えることが挙げられます。通常の投資は、先に「買い」から行いますし、普段の生活でも圧倒的に買う立場が多いので、FX初心者は始めたての頃、「売り」から始めるとはどんな取引か想像しにくいと感じる方が多いようです。もしあなたもこのタイプであれば、売買方法がわかりやすいタイプの本を購入すると良いかもしれませんね。売りから始めるとはどんなことか、どうやって利益を得るのかなどがわかると、取引を行う幅が広がります。売買方法としては、成行きで行う方法もあれば、指値や逆指値で行う方法もありますので、それらをいつ使うのかなどが書かれているものなら、より投資がしやすくなるでしょう。

レバレッジなどの言葉の意味が分かるタイプ

FXは、証拠金を使った先物取引のことで、信用取引とも言われます。株式投資や、外貨預金とは少し異なります。投資を行おうとするとそれぞれの分野での専門用語がたくさん出てきますし、それが当たり前のように使われているホームページばかりなことに気づかれるでしょう。そうすると、意味を理解できない場合があって、勝手が悪いと簡単にあきらめてしまいかねません。ですので、初心者にとって良い本としては、専門用語がわかりやすく体系的に説明されているものが良いでしょう。欲を言えば、ただ専門用語のことが書いてあるだけでなく、その言葉が出てきたときにその意味を分かりやすく解説してくれて図解などもあると更に読みやすく理解しやすくなります。

テクニカル指標のことがわかるタイプ

相場を見て取引をするときには、必ずそれまでのチャート分析をする必要も出てきます。通貨の変動の動きなどから、将来を予測するための分析のことです。少しずつ上がっていれば、そのまま上がる可能性が高くなります。逆に下がっていれば下がる可能性もあります。しかしそのチャートの見方がわからなければ分析のしようがないわけです。初心者に良い本としては、テクニカルな指標を知ることができるタイプが良いかもしれません。通常上がっていればそのまま上がりそうですが、その前の動きによっては上がった後に下がる可能性もあるので、それらの分析をするのに役立つテキストを選びましょう。

まとめ

FXは「売り」からも取引ができますが、慣れていない初心者だとどうしたらよいかわかりません。売りから行う方法などがわかる書籍を勉強すれば取引に幅が広がり、専門用語を多くまとめたわかりやすいテキストなら知識が増え、チャートについて詳しく扱った教科書であれば更に専門的なFXを楽しめるようになります。

 

>>わからないことを24時間自由に電話で聞けるFX会社はここ

 

オススメ記事

GMOクリック証券

GMOクリック証券では口座開設が無料なだけでなく、さらに最大25000円キャッシュバックをしてくれます。とても使いやすいスマホアプリも使うことができるので初めての方でも操作がしやすく一番のオススメです。取引高も5年連続世界第一位となので一番信頼できる会社と言えます^^

DMM.com証券

DMM.com証券口座開設をすれば最大20000円のキャッシュバックももらえるので非常にお得です。不安なこと、疑問に感じたことはすぐに相談することができる安心サポートで24時間対応してくれます。取り引きしやすいツールで初心者の方でも簡単に始めることができます。

TOP