FX取引初心者が用意すべき資金はどれくらいか | FX初心者全員集合!お金に働いてもらうための【はじめの一歩】

alt_02

FX取引初心者が用意すべき資金はどれくらいか

FX取引に必要なお金はどれくらい必要なのか、初心者向けにまとめていきます。流行りの1000通貨取引の概要や、用意すべき総額はどれくらいなのかについても言及します。また、資金管理の観点から、押さえておくべきキーワードの意味についても触れていきます。

 

>>その前にFX超初心者が知るべき3か条を知っていますか?

 

少額から始めることができるFX取引の特徴

FX取引は、株式やその他の投資に比べて圧倒的に少額から始めることができる点を特徴として挙げることができます。大きな金額を用意することが困難な、小口の個人投資家にとっても、やりやすい投資であるとされ、大変人気があります。リスクを限定した取引を行なうことで、初心者も始めやすい取引であると言って良いでしょう。標準的な1万通貨の取引をターゲットにした場合、価格変動のリスクを考慮して多少の余裕を持たせるためには、3~5万円程度を用意すればOKです。必要証拠金以外に、多少のドローダウンに耐えるだけの余裕が欲しいからです。

1000通貨取引が可能な取引会社が増加している

より少ない資金で取引を行なう事も可能です。通常は10000通貨が標準となっていますが、さらに小さな1000通貨単位での取引が可能な業者が増えてきています。エンドユーザーの拡大を視野に入れて、少額資金の初心者の口座開設を促すことを重視してきている結果です。通常取引の十分の一の資金、およそ数千円程度の資金で、リアル取引を開始することが可能です。最小資金で取引可能な環境となっていますので、自分なりの戦略をリアル取引で検証する際に便利に利用することができます。デモ取引で行なうよりも、緊張感をもって練習することができますので、トレードスキルを磨くには絶好の環境でもあります。

初心者が知っておきたいFX取引の注意事項とは

FX初心者にとっては、様々な知識を学習する必要がありますが、ここでは資金管理に関連した事項を確認していきます。キーワードは、レバレッジ、証拠金維持率、強制ロスカットの3つです。レバレッジが設定されていることで、必要証拠金が少なくても、大きな資金を運用することが可能となります。差し入れた証拠金に対する必要証拠金が占める割合が証拠金維持率です。この維持率を余裕を持って運用していくことで、価格変動によって含み損が生じてもポジションを維持することが可能です。維持率が予め取引会社が定めている値を下回った場合には、ポジションは強制的に決済されてしまいます。この強制ロスカットは、取引会社が導入した仕組みであり、大きな損失を生じさせないための、セーフガードという見方もできます。

まとめ

FX取引初心者のために、用意すべき資金の観点から取引の特徴をみてきました。10000通貨取引が主流ですが、1000通貨取引を取り扱う業者が増えてきていて、数千円程度の少額資金で取引できるようになってきています。取引に不安なうちは、小ロットの口座で十分練習することをお勧めします。

 

>>FX超初心者が知るべき3か条とは?

 

オススメ記事

GMOクリック証券

GMOクリック証券では口座開設が無料なだけでなく、さらに最大25000円キャッシュバックをしてくれます。とても使いやすいスマホアプリも使うことができるので初めての方でも操作がしやすく一番のオススメです。取引高も5年連続世界第一位となので一番信頼できる会社と言えます^^

DMM.com証券

DMM.com証券口座開設をすれば最大20000円のキャッシュバックももらえるので非常にお得です。不安なこと、疑問に感じたことはすぐに相談することができる安心サポートで24時間対応してくれます。取り引きしやすいツールで初心者の方でも簡単に始めることができます。

TOP