FXの初心者は少額の取引を心がけて損を無くす | FX初心者全員集合!お金に働いてもらうための【はじめの一歩】

alt_02

FXの初心者は少額の取引を心がけて損を無くす

FXは資金効率のいい投資方法として知られていますが、利用する資金を多くすると損が出やすくなるといった側面もあります。通貨や口数を小さくしたり、元々入れておく口座のお金を少なくしておくことで、損が出た時に大きくならないように工夫できます。

1万通貨よりも千通貨から行う方が良い

FXの取引は単位として通貨を用います。業者によって利用できる最低通貨が異なり、多くの業者は1万通貨からになっています。証拠金を使えば数万程度からでも取引はできますが、実際は100万近いお金を動かしていることを想定する取引と言えます。なので、損が出た時には大きく広がる可能性があります。初心者の場合は少額がいいので、1万通貨よりも千通貨が利用できる業者を選ぶのが最善です。1万通貨からしかできない業者もあれば、千通貨から行える業者もありますので、最初に業者を選ぶときにはよく注意するようにしてください。

口数を小さくして行うようにする

100万円の投資をするとき、通常の取引きでは100万円を用意します。1千万なら1千万円です。ただ、FXは証拠金を使うので、レバレッジによってはそれ以下のお金で取引ができます。50万円や10万で100万円分の取引ができるといった具合です。通貨単位での取引になりますが、それを複数行うときには何口取引を行ったかで行います。初心者が行う場合は少額が良いので、口数を少なくするように心がけると良いでしょう。1万通貨で1口であれば、1万通貨になります。2口なら2万通貨で、それくらいなら変動が大きくても損は膨らみません。口数が大きくなると損も大きくなるので、こういった点も注意しないといけません。

口座の金額を減らしておけば大きな損は出ない

FXでは、ロスカットルールと呼ばれるルールが存在します。これは、取引中の損失が資産の一定割合になったとき、自動的に損切をする設定ルールです。資産の50パーセントの損失の時に行われるなら、100万円の資産で50万の含み損が生じた時にロスカットされて損が確定します。その後に価格が戻っても、損は確定したままです。初心者は最初から大きな金額を入れておく取引も行えますが、少額のみを口座に入れておく考え方もあります。こうすることでロスカットは起こりやすくなりますが、金額が少ないのでその他の資産への影響を減らせるといったメリットがあります。5万円なら、2万5千円の損で済ますことができるわけですね。

まとめ

FXの業者選びでは、1万通貨よりも千通貨から行えるところの方が良いこと、またFXの取引の単位として通貨や口数があり、自分で行うときは口数を小さめにすれば損の広がりに対応できることを考えてきました。そもそもの口座暖高を減らすのも良い方法です。このように工夫しながらFX初心者の時期を切り抜けていけば、長期的にみて成功者になれる確率が高まっていきます。

 

>>初心者が知るべき3か条とFX会社選びについて

 

オススメ記事

GMOクリック証券

GMOクリック証券では口座開設が無料なだけでなく、さらに最大25000円キャッシュバックをしてくれます。とても使いやすいスマホアプリも使うことができるので初めての方でも操作がしやすく一番のオススメです。取引高も5年連続世界第一位となので一番信頼できる会社と言えます^^

DMM.com証券

DMM.com証券口座開設をすれば最大20000円のキャッシュバックももらえるので非常にお得です。不安なこと、疑問に感じたことはすぐに相談することができる安心サポートで24時間対応してくれます。取り引きしやすいツールで初心者の方でも簡単に始めることができます。

TOP